若さゆえに

初めてのアコム、というキャッチコピーのテレビコマーシャルが頭にずっと残っていたせいもあり、アコムを利用しました。私の会社は大阪にあり、実家は和歌山の田舎のほうです。初めての都会暮らしということで、都会の便利さに圧倒され、便利な物を便利に使うことができません。誘惑もたくさんあり、生活費の大半を使ってしまいました。給料の大半を遊びに使ってしまったなんて両親に話せるわけもありません。そこで、消費者金融を利用することに。悪いことをしているとは感じましたが、生活がどうにもならないので、これを機に心を入れ替えて真面目に仕事のことを考えようと決めて、自分の中で一番有名な消費者金融のアコムを利用しました。申し込みから審査が終わるまで緊張しっぱなしでしたが、希望金額通りにお金を借り入れたので、利用してよかったと思っています。今後はなるべく借金をしないように生活して、生活に無理がでないように返済をしていこうと思っています。

クレジットカード会社選びのポイント

私がモビットを使ったきっかけは大きな買い物をしなければいけなくなったからでした。
日頃からあまり大きな買い物をしない私は、まとまった現金を財布に入れておく事はありませんでした。そんなお金を持っていても使う事はないので、ほとんど定期預金にしていました。なので、いつも財布の中には数万円程度しか入っていなかったのです。
しかし、ある日大きな買い物をどうしてもしなければならず、クレジットカードも持っていませんし、定期預金を下ろすのも嫌だったのでモビットから一時的に借りて支払う事にしました。
モビットを選んだのはコマーシャルで竹中直人さんが出ているのを見たからです。有名人がコマーシャルに出ていると信用出来ると思うものですよね。それに、ウェブで何でも処理出来るというサービスも使い良さそうで気に入ったというのもあります。ウェブ完結ってていうサービスのようですが、実際に使ってみると本当に便利で使いやすいサービスだという実感があります!

即日融資の消費者金融

ノーローンに限らず、カードローンの最初の利用では、必要最小限の限度額を希望することが多くなります。
申込時の限度額が少なめに設定されている場合、利用中に増額が必要になることもあるのではないでしょうか。
ノーローンの増額は、簡単に希望を出すことができますが、その一方で、多くのリスクがともなう点に注意が必要になります。

まず、ノーローンの審査では、日本信用情報機構などの信用情報機関に問い合わせ、他社の借入状況についての調査が行われます。
他社のローンの残高が増えていたり、返済に遅れが生じているときに問題が生じます。
現在のノーローンの限度額が増えないばかりか、限度額が減ってしまうこともありうるわけです。
限度額が減ってしまうだけならまだしも、ノーローンのカードが利用停止となる可能性もないわけではありません。

信用情報機関の情報がクリーンに保たれているのでなければ、増額の審査は受けない方がいいのではないでしょうか。

とくに即日で増額したいときなどは、ノーローンへの増額では、即日で現金は受け取れません。
増額審査は時間がかかりますので、他社のカードローンをへの申込みをした方がいいでしょう。

なお、他社のカードローンの選び方についてですが、銀行カードローンを選ぶのがおすすめです。
新生銀行レイクのような銀行のサービスを選べば、総量規制の問題もなくなりますし、収入証明なしで申し込めます。
ノーローンの増額審査を受けるのではなく、リスクのない他社の申込みがおすすめとなります。